×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

目元のくまの種類

 目のクマをキレイに消し、無かったことにする方法
   ユウコ流なら頑固なクマをなくすのも簡単!
   目元のクマがキレイにとれる法則とは?


 お肌のはり、弾力、透明感を呼びさます☆*夢のアンチエイジング成分*☆
   松田聖子さんのCMで話題の「ASTALIFT」は、
   CoQ10の1000倍パワーといわれる抗酸化成分、アスタキサンチン高配合。
   アスタリフトでくすまずハリのあるウルプル美肌に!

くまの種類別対策方法

目元のくまには、血液のうっ滞による青グマ、

 

むくみやたるみによる黒ぐま、

 

シミやくすみによる茶グマなどがあるので、

まずは、自分のクマがどのタイプに

 

当てはまるのかを見きわめてから、

 

最も効果的なくま対策をしていきましょう。

 

違うタイプのくまが複合的に現れているケースもあります。

青グマ : 血液のうっ滞によるもの

目のまわりは、目を動かすために血液が集中しているところです。目が疲れたり
すると血液がよどんで、薄いまぶたの皮膚を通して透けて見えることがあります。
「青グマ」とよばれるもので、本当の意味でのクマですね。

 

青グマは血液のうっ滞なので、ひっぱってみると多少薄く見える、という特徴が
あります。色白の人やまぶたが薄い人の場合は、皮膚が透けやすいので
よけい目立ってしまうというわけです。

 

このタイプは、東洋医学でいうお血体質 ( 冷え性体質 ) の人に多いようです。
青グマの改善には、コラーゲンを増やすお手入れで、皮膚の厚みを増します。

 

お血体質を改善するためには、適度に運動し、冷たいものや夕パコを控える
ようにします。目のまわりの骨に沿ってツボ押しするのも有効でしょう。
顔の血行を良くするには、顔を温めたり冷やしたりを繰り返すことも効果的。

 

しかし、あまりに気になる時は、メイクで隠してしまいたいものですよね。
青グマの場合、オレンジ系コンシーラーで上手にカバーすると目立たなくなります。

黒グマ : むくみやたるみによるもの

くまの悩みのなかでも、いちばん多いのは、黒ぐまでしょう。
むくみやたるみによるもので「たるみクマ」とも呼ばれています。

 

目の周りには目を守るためのクッションの役割をする脂肪があり、
眼窩隔膜(がんかかくまく)という膜に包まれています。
下まぶたの薄い皮膚は、加齢とともに薄くなり、また弱くなってくるので、
次第に眼窩脂肪(がんかしぼう)を支えられなくなり、前に突き出てきます。

 

そこに陰ができるため、クマに見えるのです。陰が黒っぽく見えるので、
「黒グマ」と呼ばれていて、むくみがあると、さらに目立つようになります。

 

黒グマは、顔を上へ向けると目立たなくなります 。鏡を持ち、顔を天井へ
向けてクマが薄くなるか試し、薄くなれば、それは黒ぐまと考えていいでしょう。

 

このタイプのくまの原因は、ズバリ、皮膚のたるみなんですね。コラーゲンの
劣化によって「たるみ」ができているので、これを解決するには、コラーゲン
を強化するお手入れをしていくことになります。体の内側からのケアも大切です。

 

こういったくまは、シミとは違うのでコンシーラーでは隠せませんし、メイクを
するとますます目立ってしまうこともあります。頭の上から照明が当たると、
陰がくっきりできるので、窓ガラスや鏡に映る自分の顔が、すごく疲れて
見えることもあると思います。光の当たる方向に気を付けましょう。

 

黒クマの対策方法はたるみ悪化を防ぐこと。コラーゲンを増やしたり、適切な
方法であればマッサージも効果的です。むくみ体質の人は、冷たい飲み物と
塩分を控えることも大切です。黒ぐまは、なかなか改善しにくいものですので、
即効でくまをとりたい人は、美容外科で目の下のたるみとり手術や
ヒアルロン酸注入を受けるという方法もあります。

茶グマ : シミ・くすみによるもの

目の下に小さいシミができて、それらがつながってクマのように見えることが
あります。また、まぶたの角質が厚くなるケースとしては、目をこするくせが
あったり、目元に湿疹がよくできていたりした人に多いクマで、ごわついた
角質ががくすみになり、さらにクマのようになっていきます。
このようなクマは、茶色く見えることが多く、「茶ぐま」と呼ばれています。

 

対処法として最も大切なのは、目のまわりをこすらないこと。
間違ったマッサージも色素沈着の原因になりますので、
正しいマッサージ法を守るようにしましょう。

 

シミは、メラニン色素なので、ふつうのシミのお手入れをしていきます。
厚くなった角質( 角質肥厚 ) には、ピーリングがよいといわれていますが、
もし湿疹などができていれば、当然ピーリングはできません。かゆみなどが
ある場合は、皮膚科で相談することをおすすめします。

 

茶グマは、ひっぱっても上を向いても薄くなりませんし、また、寝不足で
濃くなるということもありません。

 プラセンタできれいになる!
 美白美肌作りには、プラセンタ!美容家や美容系ドクターの間ではもはや常識です。